健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。
健康第一 コレステロール情報

 ・食卓習慣の改善
 ・日常生活の改善
 ・運動で中性脂肪を下げる

健康第一 コレステロール情報健康雑記

冷たい水の飲み過ぎは肥満につながります

水にはカロリーがないので飲んでも脂肪になることはありません。しかし水を飲んだだけで太る人がいることも事実です。特に水太りは女性に多い傾向があります。

ビニール袋に水を入れて吊り下げると下が膨らんでしまいます。このような状態が水太りの代表である洋なし型肥満です。

日頃から運動を多くして汗を沢山かく人は多少水分をとっても水太りにはなりませんが汗をかくことが少なくなると水のとりすぎによる水太りつながります。

冷たい水を沢山飲むと体が冷えていくので代謝機能が下がってエネルギーの燃焼効率が落ちて肥満につながります。




体の中の60%は水分で出来ています。生きていくために必要なものですが体の中で水分が多くなりすぎるとよくないことになります。

健康のために水分は必要ですが、きちんと吸収され排出されていかなければどんどん溜まっていきます。水分は取り方で健康にもなりますが健康を損なう恐れもあります。

水分のとりすぎで体が冷えてしまうと基礎代謝が落ちて太りやすくなるだけでなく、冷えは血液の汚れをまねき高血圧、糖尿病、脂質異常などの生活習慣病を引き起こします。

体の中に余分な水分がたまると体の外に排出しようとして下痢、嘔吐、くしゃみ、鼻水、汗がたくさん出るようになります。これは体の防衛本能で余分な水分を体の外に出して体を温めようとしているからです。


 間違った水分のとりかた
体が冷えている状態で冷たい水分のとり過ぎはよくありません。冷たい水を飲んだり冷えている体に水分を沢山入れるので体の中に余分な水分がたまります。

体の温度が低くなると代謝が低下して効率よく水分が使われなくなり皮下や胃袋、副鼻腔などに溜まっていきます。

体が冷えて血行不良になり血液が末端まで十分送られないので水分不足の信号を出すためさらに水分をとる悪循環になります。


 体が冷えて余分な水分のサイン
  ・涙、鼻水、くしゃみが多くなる
  ・汗っかき
  ・下痢しやすくなる
  ・お腹が冷たくなる
  ・下腹部がぼっこりしている
  ・足がむくみやすい


 水太り解決方法
水太りを解消するには、体の中の余分な水分を排出するしかありません。水分は体に必要なものですが多すぎると水太りにつながります。

体の中で不要な水分は汗や尿として体の外に排出されていきます。出すものが多ければ水分を多くとっても問題ありません。同じ量の水分をとっても太る人と太らない人がいるのは入った水の量に対して体の外に出した水の量に関係しています。

運動して汗をたくさんかいたりすることが水太り解消には何よりのダイエット方法です。

簡単に余分な水分を汗として体の外に出す方法は入浴による発汗です。

入浴するときに、お湯に浸からずにシャワーだけで済ませる人もいるかもしれませんがシャワーだけでは【冷え】は解消されにくくなります。

温かい湯に浸かると体があたたまるのはもちろんですが、水圧が適度に筋肉や血管を刺激するので血行促進効果も非常に高まります。温かい湯に浸かるとリラックス効果もあり副交感神経が優位になるので精神的にも良い効果があります。

沢山汗をかけばダイエットにもつながります。入浴中は体温が上昇するので基礎代謝が増していきます。


入浴することは快眠にもつながります。寝る前に入浴しておけば、お風呂から上がって体温が下がり始めた時に布団に入れば自然に眠気がきてぐっすり眠ることが出来ます。

ダイエットになる上室の良い睡眠も手に入れることができるので毎日の入浴は習慣にしましょう。気持ちも良くなりお金もかからない入浴ダイエットはおすすめです。

 ・脂肪の役割
 ・内臓脂肪を取るコツ
 ・有酸素運動と中性脂肪
 ・上手な水分のとり方ダイエット


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

肥満のタイプ
 ・りんご型肥満
 ・洋ナシ型肥満
 ・隠れ肥満


TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
健康第一 コレステロール情報は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
健康第一 コレステロール情報の無断転載、無断コピー、を禁止します。