健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報健康雑記

朝食で夜の食べ過ぎを防ぐ

朝食を抜くと健康上あまり良いことがなく体力的にも辛くなります。朝食を抜いていると夜の食事で沢山食べることになります。遅い時間にたくさん食べるとエネルギーが消費されないのですべて脂肪として蓄えられていきます。





お腹が減っていない時に無理をして朝食を食べる必要はありません。朝食を食べたくないのに、強迫観念で朝食を食べるとストレスになります。ストレスが食べ過ぎや間食の原因になることがあります。食べたくないのなら朝食は食べないようにしましょう。


朝食を抜くとおなかが減るので、昼食でたくさん食べてしまいます。食事の間隔が長いと体はエネルギーを溜め込もうとするので肥満につながります。朝食を抜いた時は、昼食で必要以上に食べ過ぎないようにしましょう。


時間がないときの朝食
朝は何かと忙しい時間帯です。時間がないときはフルーツがオススメです。リンゴ、バナナなどはすぐに食べられるので時間がない朝食向きの食べ物です。

コーヒー、紅茶に砂糖を入れると糖分の補給にもなります。

時間がないときでも朝の水分補給は忘れないようにしましょう。







ダイエットは時間かけてゆっくり行う
ダイエットを成功させるためには、時間をかけてゆっくりと行うことです。体についた脂肪が燃えやすい運動をすること。食べるエネルギーの量を減らすことを実践すれば必ずダイエットは成功します。

上手におやつを食べてダイエット
ダイエットのためには絶対に間食をしてはいけないと思っている人も多いと思います。間食をしないで空腹感がおおきくなり食事の時にたくさん食べるよりは、間食を上手にして適正な食事をとったほうが理想的です。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・食事の適量を知る
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える
 ・炭水化物の上手な食べ方
 ・緑黄色野菜と中性脂肪
 ・大豆と豆腐のイソフラボン
 ・食物繊維の効果
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved