健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報健康雑記

ごはんを食べるときは海苔も食べて健康回復

食事でごはんを食べるときは、海苔も食べるようにしましょう。海苔は美味しくご飯との相性も最高です。海苔には食物繊維とカロチンが多く含まれています。

一般的に、海苔には各種の有用な成分が多く含まれています。海苔の佃煮にはビタミンCも含まれています。


海苔に含まれる成分
昔から、海苔は【一日二枚で医者いらず】と言われていることを知っていますか。海苔には、日本料理の味の下地となる代表的なうまみ成分アミノ酸をはじめ、12種類のビタミンなど、約40種類という多くの成分を含んでいます。

海苔を1日2枚食べる事で確保できる栄養素がたくさんあることから、【一日二枚で医者いらず】と言われていたのかもしれません。

海苔2枚で、育ち盛りの子供たちが1日に必要とするビタミンAがほうれん草46gに匹敵する量を摂ることができます。

海苔は、12種類ものビタミン群をバランスよく含んでいます。

ビタミンCは加熱することで破壊されてしまいますが、海苔に含まれるビタミンCは、熱に強く、焼いても栄養素は壊れません。

海苔の成分の約3分の1は食物繊維からできています。

海苔約5枚には、牛レバー1切れ分(約40g)・ゆでたほうれん草1わ分と同量の鉄分が含まれています。

人間の骨や歯を作っている重要な栄養分であるカルシウムは、牛乳や卵をはじめ、海苔にも含まれています。

血圧を下げる働きや、血液中のコレステロール値を下げる働きを持つEPAは、イワシやサンマなどの青魚に含まれる良質の油脂です。良質の油脂であるEPAは、海苔にも含まれています。


海苔の美味しさの秘密
海苔にはビタミンやミネラルが多く含まれるだけでなく、ノンカロリー食品です。海苔には旨味が含まれているのでどの年代でも嫌いな人は少ないはずです。

海苔に含まれる旨味は、グルタミン酸によるもので、海苔には特に多く含まれています。







 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

運動不足解消で肥満解消
肥満体質でも痩せられます
食事をガマンしないダイエット方法
ウォーキングで簡単ダイエット
生活習慣を見なおしてダイエット
 ・基礎代謝と運動
 ・有酸素運動
 ・コレステロールを下げる方法
 ・コレステロールを下げる食事
 ・コレステロールを下げる運動
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved