健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報健康雑記

和定食は塩分のとりすぎに注意

外食が多い時には栄養のバランス を考えて定食にするのがオススメです。特に栄養のバランス が良くとれているのが和食の定食です。和食の定食は脂肪分が少ないのが特徴的です。

脂肪分が多いと、胃腸に負担がかかり食べた後もスッキリとしないことがあるので低脂肪のほうがあっています。

栄養のバランス を考えると1日野食事で30品目を目標と言われていますが努力をしないと簡単に取れるものではありません。洋食では特に難しくなります。

和食の定食を食べると少しずつ各種の料理が組み合わさり比較的多くの食材を食べることが出来ます。


和食の定食には魚と卵の料理がたいていついています。味噌汁、ご飯、野菜の煮物、おひたしなどの小鉢がついてきます。

魚はDHAなどの重要な栄養成分を補うことが出来ます。卵は良質のタンパク質としてアミノ酸などを補給してくれます。

外食で食事に迷ったら、和食の定食を注文しましょう。


和食の定食で注意すること
和食で注意が必要なことがあります。塩分をとりすぎることです。和食は塩分が多く使われています。

和食で味の決め手は塩加減なので塩分が多く使われているのもしかたがないことです。

和食の塩分を少なくする方法は、塩分の多い食品を食べないようにすることです。塩分の多い食べ物は漬物です。漬物を残すと塩分をかなり抑えることが出来ます。漬物を食べなくても満腹感にはさほど影響しません。


具が少ない味噌汁も半分のコスト減塩になります。具がない味噌汁を半分残しても栄養にはさほど影響することはありません。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

運動不足解消で肥満解消
肥満体質でも痩せられます
食事をガマンしないダイエット方法
ウォーキングで簡単ダイエット
生活習慣を見なおしてダイエット
 ・基礎代謝と運動
 ・有酸素運動
 ・コレステロールを下げる方法
 ・コレステロールを下げる食事
 ・コレステロールを下げる運動
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved