健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報健康雑記

お肉と水分補給の関係

お肉に含まれるタンパク質は体を作る重要な成分です。タンパク質を十分取れば基礎代謝が上がるため体温も上昇してエネルギーが多く作られるので熱だけでなく体を動かすエネルギーがたくさん作られていき体を活動的に動かしやすくなります。

タンパク質が少ないと基礎代謝が低下していきます。基礎代謝が低下していくと動くためのエネルギーの発生も少なくなるので活力が低下していきます。


お肉を食べた次の日に元気な理由
焼肉やステーキ、中華料理などを食べた次の日に体が軽く感じられることがあると思います。体を動かしやすく感じるだけでなく、頭も冴えたカンジがするはずです。代謝が低下していたところにお肉のタンパク質が十分補給されたことで代謝が活発になったからです。


お肉のタンパク質と血圧の関係
タンパク質を十分に取ると血圧も上がりにくくなります。タンパク質は分解すると最後は尿酸になり尿として排出されていきます。この時に塩分も排出されるからです。体に余分な塩分が残されることが無いので血圧が上昇しにくくなります。


お肉を食べたら水分補給
タンパク質を沢山取ると排泄が促されていきます。しかし尿は一定の濃度以上になると排泄されにくくなります。十分な尿を出すために水分の補給が大事になります。

水分を飲むと健康になる水飲み健康法は、タンパク質をたくさん食べる人に有効です。ご飯などのデンプン質をたくさん食べる人葉体の中でたくさんの水分が作られます。水分が多いと腎臓に負担をかけることになります。

お肉などのタンパク質をたくさん食べる人は水分補給も忘れずに行いましょう。ご飯などのデンプンの多い食事の場合には水分は多く取り過ぎないようにしましょう。





和定食は塩分のとりすぎに注意
外食が多い時には栄養のバランスを考えて定食にするのがオススメです。特に栄養のバランスが良くとれているのが和食の定食です。和食の定食は脂肪分が少ないのが特徴的です。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・筋肉の材料タンパク質
 ・カルシウムと食物繊維
 ・脂質とダイエット
 ・肥満と健康障害
 ・コレステロールは必要なものです
 ・ウォーキングで運動習慣
 ・悪玉コレステロールと缶コーヒー
 ・代謝が上がればダイエットになります
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved