健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報健康雑記

ぬるめのお風呂で血圧改善

血圧の高い人が倒れてしまうのはお風呂に入っている時や風呂あがりの時が多いと言われています。これにはしっかりとした理由があり熱いお風呂が好きで長湯の場合、血圧が上がるのでもともと血圧が高い人は動脈硬化を引き起こしやすく命の危険につながります。

アルコールを飲んでお風呂にはいるのも危険です。アルコールが血圧を下げ適度のお湯に入ると血圧が下がるためです。血圧があまり下がると動脈硬化を起こして血管が狭くなっているところで地が塊血栓ができてそのために梗塞が起こってしまいます。

アルコールを飲むとおしっこが多くでてしまいます。アルコールの水分ではなく体の中の水分が出てしまうので体の水分は減り血液の中の水分も少なくなるので血液の粘性が高くなり血栓を起こしやすくなる原因です。


お風呂はぬるま湯がオススメ
ぬるめのお風呂にゆったりとした気分で浸かると血圧は適度に下がります。血圧が適度に下がる効果は比較的長時間続きます。ぬるめのお湯に浸かることで血管が広がり血圧が下がります。血圧の高い人はできるだけぬるめのお湯にゆっくり浸かるとよいでしょう。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かると体がホカホカと暖まります。これは血管が広がり血の巡りが良くなっていくからです。

ぬるめのお湯でも、汗も出て体の中の水分も減るのでお風呂から出たら飲み物を飲むようにしましょう。


お風呂のは入り方
お湯に入るときいきなり肩まで入るのはやめておきましょう。水圧がかかり血圧を一気に上げてしまうからです。少しずつお湯に体を慣らしながら入ります。最初は胸まで入り、体が温まってきたら肩まで入るようにします。

肩まで浸かる時間は少ないほうが良い。水圧が体にかかり心臓を圧迫してしまうからです。





風呂あがりの飲み物
風呂上がりの水分補給は糖分が入っていないものを飲むようにします。糖分が入っているものは吸収された糖分が急速に脂肪に変わるので量が多いと血液のドロドロを高めていきます。お風呂で血の巡りが良くなり血圧が下がった効果を台無しにしてしまいます。

 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・筋肉の材料タンパク質
 ・カルシウムと食物繊維
 ・脂質とダイエット
 ・肥満と健康障害
 ・コレステロールは必要なものです
 ・ウォーキングで運動習慣
 ・悪玉コレステロールと缶コーヒー
 ・代謝が上がればダイエットになります
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved