健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報健康雑記

食前酒の効果

お酒の飲み過ぎはいろいろな障害を引き起こします。特に肝臓に大きな負担をかけてしまいます。肝臓に負担をかけて肝硬変の原因の人湯になります。常にお酒を飲んでいるとアルコール依存症などの問題も出てきます。


酒をでストレス解消
適度のお酒はストレス解消に非常に有効です。ストレスが大きくなると血圧が上昇しやすくなり血管に圧力が加わります。圧力が加わるとコレステロールが付着しやすくなり動脈硬化を引き起こしやすくなります。

ストレスで血圧が上昇した場合にはなるべく早く下げることが大切です。ストレスを下げる方法の一つとして適度のお酒があります。

ストレスで血圧が上がっている時に少量のお酒を飲めば徐々に血圧が正常に戻っていきます。これはアルコールが神経的な緊張を解消して血管の緊張をやわらげた結果です。


酒を飲み過ぎなければ百薬の長に変わります
適度のお酒はHDLコレステロールを増加させる働きがあります。HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれていて血管の壁に付いている余分なコレステロールを肝臓に持ち帰る働きがあります。HDLコレステロールが高い人は動脈硬化になりにくくなります。





お酒は飲み過ぎると毒になります
お酒飲の水着は良いが醒めたあとに血圧を上昇させます。飲み過ぎには注意が必要です。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

ぬるめのお風呂で血圧改善
血圧の高い人が倒れてしまうのはお風呂に入っている時や風呂あがりの時が多いと言われています。これにはしっかりとした理由があり熱いお風呂が好きで長湯の場合、血圧が上がるのでもともと血圧が高い人は動脈硬化を引き起こしやすく命の危険につながります。
 ・ごはんを食べるときは海苔も食べて健康回復
 ・和定食は塩分のとりすぎに注意
 ・魚を食べて心筋梗塞予防
 ・お肉と水分補給の関係
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved