健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報ダイエット

上手におやつを食べてダイエット

ダイエットのためには絶対に間食 をしてはいけないと思っている人も多いと思います。間食 をしないで空腹感がおおきくなり食事の時にたくさん食べるよりは、間食を上手にして適正な食事をとったほうが理想的です。


長い期間ダイエットを続ける場合は、間食の取り方は大変重要になります。

血液中の糖分が減ってくるとお腹が空いてきます。私達の体の血液は5リットルほどでその中のブドウ糖は5グラムほどです。

血液に含まれるブドウ糖が4グラム以下になるのは肝臓にグリコーゲンがなくなってきたことになります。大至急数グラムの糖質を補えば強い空腹感はなくなります。


ダイエットにつきものの空腹感をなだめるに食べる糖質はすぐに吸収されなければいけません。つまり甘いモノを食べればよいのです。

食後に食べる甘いものは、太る原因になりますが、空腹時の少量の甘いものは、食欲を抑えるのに有効です。





上手な間食でダイエット
空腹感をおさえるための間食 で必要な物は少しの糖分です。脂脂を含まないものが理想です。すぐに吸収される甘いモノを選びましょう。

理想的なダイエット中の間食は、飴玉です。

バターキャンディーとかキャラメルのように脂脂を含んでいるものはできるだけ避けるようにしましょう。

ケーキやクッキーは多くの油脂が使われているので間食には向きません。

缶ジュース、缶コーヒーなどに含まれている砂糖の量は、約10%前後になります。250ccの缶で25グラムほどになり、明らかにとりすぎになります。






ウォーキングで簡単ダイエット
ダイエットの方法の一つとしていつでもどこでも出来る簡単な運動がウォーキングです。

食事をガマンしないダイエット方法
痩せるために食事を減らすということは大事な栄養を減らすことではありません。栄養を減らしたことで肌に艶がなくなったり、元気がなくなったり、貧血になったり、病気の抵抗力が落ちたりしたらダイエットの意味がありません。


 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

 ・おならと腸内細菌
 ・濃い味は肥満や高血圧を招く
 ・トクホ、サプリは上手に使いましょう
 ・内臓脂肪と生活習慣病
 ・室内でできる踏み台運動
 ・体脂肪とコレステロール
 ・食べ過ぎの原因【ながら食い】
 ・筋肉の材料タンパク質
TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved