健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報

カロリーの上手な消費方法

カロリーを上手に消費するためには有酸素運動を行うことが一番の近道です。有酸素運動は呼吸を行いながらの運動で、散歩、ウォーキング、ジョギング、自転車、水泳、などがあります。

運動不足の人がいきなり運動を行うと腰や膝に大きな負担になるため、体が運動になれるまでは散歩、ウォーキングで体をならすことから始めましょう。

カロリーを消費するためには、体に負荷をかけて長時間行うことです。しかし体に負荷をかけるということは、膝や腰に負担をかけることになるのでおすすめしません。


同じ距離をウォーキングするのと、自転車で走るのでは、ウォーキングのほうがカロリーを消費します。ウォーキングのほうが長時間運動できるからです。

カロリーを消費する量は【体重×移動距離】で決まります。30分運動を行う場合、ウォーキングとランニングで比べると同じ時間の運動なら距離が多くなるランニングの方がダイエットに向いています。



嫌な運動を長時間行うほどカロリー消費も多くなる
激しい運動を、長い時間行うほど体が使うカロリーの量は多くなり消費量が多くなるので体脂肪が使われていきます。しかし激しい運動は辛さが多くなり運動選手以外では長時間できないので持続時間が短くなってしまいます。あなたの体力に合わせた運動を選んで出来るだけ長時間行うことがカロリーを多く消費するコツになります。


簡単有酸素運動
基本的に息をしながら行う運動は有酸素運動です。大きく捉えれば1分以上行う運動は有酸素運動です。階段の昇り降りを1分以上行うだけでも立派な有酸素運動です。

身近な運動としてウォーキング、ジョギング、ランニング、マラソン、ラジオ体操、ストレッチ、水泳、踏み台昇降、エアロビック、サイクリング、登山、トランポリン、腕立て、腹筋、背筋、スクワット、縄跳び、ダンス体を動かせば有酸素運動になります。それぞれ運動強度に違いがありしんどいと思う運動を出来るだけ長い時間続けるようにするのが体脂肪を消費することです。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved