健康第一。コレステロールの情報を紹介するHPです。

健康第一 コレステロール情報

スクワットと踏み台運動

筋肉が増えれば基礎代謝量が増えます。基礎代謝量が増えれば食事で体に入ったカロリーを消費していく量が増えるので痩せやすくなります。筋肉を増やすためには毎日の地道な努力が必要です。

運動はジムに通わなければ出来ないと考えている方も多いかもしれません。自宅でも出来る運動はたくさんあります。自宅でいつでも出来る簡単な運動の一つとしてスクワットと踏み台運動があります。


スクワットのダイエット効果
スクワットを行うときの注意点として、基本的足がには、太くなります。足が太くなる理由は、筋力トレーニングに脂肪を落とす効果はほとんど無いからです。筋力トレーニングはタンパク同化作用を促し、筋肉を大きくして脂肪も増やします。普通に考えて、運動選手はスクワットで足の筋肉を付け太くするのですから太くなると考えて間違いありません。

ダンベルなどを持たずにスクワットを行うと、かなりの回数が出来てしまう場合があります。この場合は有酸素運動になり太ももへの負担が減ります。太ももへの負担が減るため筋肉が太くなることは少なくなり有酸素運動の効果で太ももの脂肪が使われ細くなる可能性があります。

スクワットを5分間継続できない負荷になると、無酸素的な効果が高まりからだの脂肪ではなく糖質が優先的に消費されるため、ダイエットとしての効果は薄くなる可能性があります。一番良いのは、スクワットなどの筋力トレーニングを行った後にウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を行えば脂肪が効率的に消費されます。


スクワットと腹筋運動
お腹の脂肪を少なくして綺麗に見せるための運動はある程度の腹筋運動が必要になります。効率を腹筋とスクワットで効率を比較するとスクワットのほうが効率は良くなります。

理由としてスクワットのほうがたくさんの筋肉を使うからです。足全体はもちろんのこと、お尻の筋肉や体のバランスを整えないといけないので、体幹にも少し力を入れないといけないからです。スクワットはたくさんあるトレーニング種目の中でも効率の良いトレーニングだといえます。基本的に多関節エクササイズといわれるものは効率が良いとされています。


踏み台運動の効果
15cmの台を用意して背筋を伸ばし手を大きく振って息が弾むように昇降します。毎日1時間程度文ぢ運動を行えばジョギングをした事と同じ位の効果が期待できます。1回に1時間行うのが難しい場合は、15分×4回に分けてやっても連続して運動した時と同じ位の効果を得ることが出来ます。大事なことは継続して行うことです。台を用意するのが難しい場合は、階段などを上手に利用しましょう。

踏み台運動程度では足は太くなることはありません。なぜなら踏み台運動程度の負荷をかけても筋肉が大きくならないからです。踏み台運動では脂肪燃焼が進み足が細くなっていきます。足を太くしたいのであれば、100キロ程度のバーベルを担いでスクワットを行いましょう。






 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・動脈硬化
 ・ダイエット
 ・健康雑記

TOPに戻る   

メールフォーム サイトマップ 更新遍歴

Copyright(C) 健康第一 コレステロール情報 管理人:BJ All Rights Reserved